パニック障害改善プログラム(本田昌毅医師監修)を購入して完全公開します。

 

ここまで具体的な手順にこだわり、

 

おせっかいなほど親切な「パニック障害改善教材」は他にないかもしれません。

 

 

☆「最短9分でパニック障害が改善できる方法」についてもタネ明かししていきます。

 

 

不安顔の女性

 

数分のエクササイズで「パニック障害の恐怖」から解放されるだけでなく、

 

「なりたい自分になれる」方法まで手に入るとしたら…

 

 

 

 

パニック障害改善プログラム(本田昌毅医師監修)を購入してみました。

 

テキスト表紙 テキスト内容の一部

左/テキストの表紙 右/テキスト内容の一部

 

購入した教材は、申し込み手続き完了の2日後に配送されました。
ご覧いただいて分かるようにテキストの表紙はほぼ「真っ白」です。(左写真)

 

このことについて、テキストの「はじめに」という項で

パニック障害というデリケートな症状のマニュアルの為、

パっと見ても本の内容がわからないように、あえて表紙を無題にシンプルにさせて頂きました。
ダウンロード版を購入された方は、表紙が真っ白でビックリされたかもしれませんが、
冊子版の場合には、表紙に大きくタイトルが書いてあると目立ってしまい、
持ち歩くのに抵抗があるという方が多いので、シンプルな表紙の意味をご理解頂けますと幸いです。

と説明されており、購入者への配慮が感じられますね。

 

 

あなたは今、こんな苦しみを抱えていませんか?

 

パニック症状

 

●突然の激しい動悸、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどによる極度の不安・・・
●死んてしまうのではないかと思うほどの恐怖・・・
●心臓発作を疑い病院へかけつけるものの、検査では「異常なし」と言われてしまう・・・

 

そんな「パニック障害」を克服するために一歩踏み出したいと考え、
ネットや書籍で様々な治療法を調べてみたけれど、情報量が多すぎる上にみんなが言うことがバラバラで、
何を信じていいのかわからない、具体的に何をすればいいのかわからない…

 

あなたもそんなジレンマに陥っているのではないでしょうか。

 

 

でも、もし、あなたのそうした悩みを、最短9分で消し去って、

 

二度とパニック障害を再発しないように封じ込めてしまう治療法があるとしたら

 

あなたには試してみる価値がありますか?

 

 

 

「パニック障害」は、カウンセラーやセラピストだけで改善できるものではなく、
「医学的な」裏付けと根拠が絶対に必要だったんですね。

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

当サイトでは、精神科の専門医・本田メンタルクリニック総院長の本田昌毅さんが監修した
「パニック障害改善プログラム」を実際に購入して、その内容や方法(やり方)・効果などについて
出来るだけ詳しく公開していきたいと思います。

 

パニック障害

なぜ、たった9分でパニック障害の恐怖から解放されるのか?
内容がインチキなものだったり、詐欺的な商品ではないのか?
本当に価格に見合っただけの価値があるものなのか?

 

そんな疑問や不安に、答えを出していきたいと思います。

 

もし、あなたがこれまでに副作用が心配なクスリを飲んだり
心理カウンセラーのカウンセリングを続けてきても、
症状がほとんど改善されていないのであれば、
あと5分ほどお時間を作っていただき、この先を読み進めてみてくださいね。

 

なおネット上には、この教材について感想や評判などを書いたものが数多く存在していますが、
その多くは実際に教材の中身を見ずに書いているものであることにご注意ください。

 

 

※目次に戻りたい場合は、パソコンやスマホの「戻るボタン」を押してください。

 

 

 

このホームページだけのプレゼントもご用意しています。

 

 

当サイト限定特典のご案内はこのページの最後です。

 

最短9分でパニック障害改善。精神科医が監修したパニック障害改善プログラムとは?

 

 

具体的・総合的な「パニック障害改善」の手引書です。

 

 

■カウンセラーやセラピストではなく、精神科の専門医が監修した医学的根拠があるプログラム。

 

■最短9分でパニック障害を消す即効の方法から、再発を防止する根本治療まで書かれている。

 

■症状や性格に合わせて10以上の治療法が提案されている。(全てをやる必要はありません)

 

■すべてが精神論ではなく「何を、どうすればいいか」という具体的なステップで書かれている。

 

■パニック障害から併発しやすい「うつ病」「恐怖症」の治療法を用意。

 

■パニック障害を改善した後、「なりたい自分」になるための方法も解説している。

 

■自分の治療だけでなく、パニック障害に苦しむ家族やパートナーを恐怖から救うのにも有効。

 

 

 

 

【マニュアルの内容】

 

テキスト内容

※テキストの一部です。ごくシンプルですが、ていねいに書き込まれ読みやすいマニュアルに仕上がっています。

 

 

■本編テキスト (85ページ)

 

※主な内容

 

第1章 パニック症候群とは
第2章 パニック症候群の治療について
第3章 自分でできるパニック症候群克服法
第4章 さらなるトレーニングと再発防止
第5章 周りの人とのつながり

 

 

■追加テキスト (162ページ)

 

・追加テキストその1(最重要)
 パニック、うつ、恐怖症の短期改善報告が世界中から続々と届いている日本ではほとんど知られていない療法
・追加テキストその2 認知療法・認知行動療法
・追加テキストその3 不眠撃退!ぐっすり熟睡法!
・追加テキストその4 自律訓練法
・追加テキストその5 ストレスに強い心を作る方法
・追加テキストその6 誰とでも気まずくなることなく弾んだ会話を続けられるコミュニケーション術
・追加テキストその7 世界中の成功者達が使っている願望達成法

 

 

本田昌毅

■監修者:本田昌毅医師とは?

 

本田メンタルクリニック総院長。
東京六本木、神戸、京都、福島、那覇、高松などで
「本田メンタルクリニック」「本田ヒルズタワークリニック」を開院しており、
産業医でもあることから、企業向けのメンタルサポートなども行っている精神科医。

 

 

 

 

 

●精神科の専門医が監修した、医学的な根拠があるプログラム。

 

あなたもひょっとすると心理カウンセラーやセラピストにお世話になった経験があるかもしれません。
もちろん、まったく効果がないとは断言出来ないのですが、
基本的にカウンセラーやセラピストは「話をじっくり聞く」ということに主眼が置かれていて、
具体的な治療を担ってくれるわけではありませんよね。

 

カウンセリングを受けた直後には
なんとなく心が軽くなったような気分になるのですが、それもわずかな時間だけ。
数時間後には元の自分に戻ってしまっているというのが現実ではないでしょうか。

 

残念ながら「パニック症候群」はこころの病の一種であり、
心理カウンセラーの力だけで治すことはほぼ不可能です。
医学的な正しい知識と医師との連携が、症状改善の近道なんですね。

 

テキストを読む女性

 

本田医師によれば「パニック障害・パニック症候群」は、誰もが陥る可能性がある半面、
正しく治療法を理解していれば必ず治る病気だといいます。

 

とはいえ、パニック障害というデリケートな問題だけに、
通院して、医師と向き合うこと自体に抵抗がある方も多いはずですよね。

 

ご自分がパニック症候群(障害)であったり、
ご家族がパニック障害であった場合、どう対処、治療していいかわからなかったり、
通院、治療がためらわれたり、知られたくなかったりすると思うのです。

 

そのため、この「パニック障害改善プログラム」では、
心が回復に導かれるような簡単な「トレーニング」を自分で行っていきます。
(ご家族のために手助けすることもできます)

 

薬や通院に頼るだけではなく、自らでセルフケアを行うことによって
パニック障害が改善し、再発もしなくなって自信を取り戻すことができるようにプログラムされています。

 

 

 

●「即効性」のある方法も「根本的な改善」も用意されています。

 

「パニック障害改善プログラム」には、

●トレーニング開始から「最短9分」でパニックを鎮め、気分をすっと楽にしてくれる方法、
●根本的に症状を改善し、再発を防止する「自己トレーニング法」
●突然のパニック症状に襲われたときの「緊急対処法」

など、あらゆるパニック障害への対応策が示されています。

 

性格や症状に合わせて10種類以上の治療法が用意されていますが、
もちろん、その全部を行う必要はありません。

 

ひとつの治療法を試すのにかかる時間はわずか5〜10分なので、
一つ一つ試してみて、効果があったと感じられたものだけ選んで続けていけばいいんです。

 

これなら「これできっと治せる」という確信につながっていきますよね。

 

 

●少しだけ具体的に言うと・・・

 

EFT

このプログラムのなかで、最も気になるのは
やはり「最短9分でパニック障害が改善できる方法」だと思います。

 

その方法は追加テキストその1に示されています。

 

ちょっとだけタネ明かしをしてしまうと、
この即効性のある方法は「EFT」と呼ばれる心理療法です。

 

「EFT」は、まだ日本での知名度は低いかもしれませんが
日本でも少しずつ知られるようになってきて、
一部の医師、心理療法家や整体師などが「パニック障害」「あがり症」「恐怖症」などの治療に使い、
高い即効性が証明されています。

 

欧米の医学界では「何か困ったことがあったら、まずEFTを試せ」と言われるほど
とても信頼されているメジャーな治療法なのですが、
この治療法は、クスリも道具も必要としない…

 

つまり、お金がかからず業者が儲からない方法であるために
日本のような医療費のシステムの中では、
薬や道具を一切必要としない「EFT」が積極的に普及されることは難しいのかもしれません。
(そういう中で、医師である本田氏がこの方法を推奨していることに大きな意味があります)

 

「EFT」は、どちらかというと東洋医学的なアプローチで、
「経絡(ツボ)と感情はつながっている」、つまり「こころと身体はつながっている」という原理に基づいています。

 

EFTのツボ

身体のツボに当たる部分を自分の指でトントンと叩き、
こころの治療を行っていきます。

 

これが「タッピング」と呼ばれるEFTのテクニックで
深層意識に刻まれてしまったパニックのもとを
キレイに洗い流してしまう治療法なんです。

 

本来は、かなり専門的な知識を必要とする「EFT」ですが、
本田医師の指示通りに進めれば、誰でも自分ひとりで出来るようになります。

 

※「EFT」については、こちらのページで詳しく説明させていただきました。

 

 

 

●パニック障害を改善した、その後のことまでフォロー。

 

これは、このマニュアルの大きなポイントのひとつだと思います。

 

このマニュアルを手にするのは
「パニック障害を改善したい」と願っている方…というのは当然のことだと思いますが、
パニック障害さえ改善できればいい!…というのは、本当ではないかもしれませんよね。

 

明るい未来

 

その先には、障害を克服して実現したいこと、なりたいもの、
つまり、パニック障害を改善する理由というものがあると思うのです。

 

・パニック障害を改善して、こんな自分になりたい。
・この症状さえなければ、こんなことにも挑戦できるのに。
・もっと仕事や恋愛も積極的に楽しんでいきたい・・・

 

症状を克服した後の理想は人それぞれだと思いますが、
それを現実にするための方法まで用意されているのが本田昌毅氏が監修した「パニック障害改善プログラム」です。

 

精神科の専門医ならではの行き届いた配慮だと感じました。

 

 

パニック障害改善プログラム〜精神科医・本田昌毅監修【購入済】レビュー

●全額返金保証が用意されています。

 

このマニュアルには180日間の全額返金保証がついています。

 

決して安くないこのプログラムの価格。
せっかく購入しても効果が無かったら・・・と不安になります。

 

もちろん、一般に売られている書籍を何冊買い集めても、
このプログラムに書かれているノウハウのすべてを
手に入れることはできませんが、
それでも「立ち読み」できないことを考えると、気軽に買える値段ではありませんよね。

 

でも、この教材を試してみて万一効果が実感できなかった場合には、
購入から180日以内であれば、簡単なアンケートにこたえるだけで購入代金は全額返金されます。

 

しかも、たった1週間試しただけで「効果がなければ返金」です。

 

通常こうした教材の場合「90日試して効果が無かったら」とか、
「120日間試して改善しなかったら」というような条件が多いんです。

 

人間、なかなか一つのことに90日、120日取り組むことは難しいですよね?

 

いつのまにか実践しなくなって、場合によっては教材を買ったことすら忘れ、
結局何もしなかったから返金の要求もできない・・・ということになりかねないのですが、
この「パニック障害改善プログラム」はたった1週間です。

 

「1週間以内に効果があるはず」という
このプログラムの効果性に対する強い自信の表れなのでしょうね。

 

実践した時間だけは戻ってきませんが、
少なくとも金銭的な損失だけは避けることができるようになっています。

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒
最短9分でパニック障害を改善!?精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

精神科医・本田昌毅が監修したパニック障害改善プログラムの内容と方法

 

では、本田昌毅医師監修の「パニック障害改善プログラム」の
プログラムの内容や、症状を改善するための方法(やり方)などについてご紹介していきます。

 

 

■テキストの目次■

 

テキストもくじ

 

 

 

本編のテキストは、以下の5つの章で構成されています。

 

第1章 パニック症候群とは
第2章 パニック症候群の治療について
第3章 自分でできるパニック症候群克服法
第4章 さらなるトレーニングと再発防止
第5章 周りの人とのつながり

 

そして、くり返しになってしまいますが
「最短9分でパニック障害を消してしまう即効の方法」は本編テキストではなく
「追加テキスト1」で明らかにされています。

 

したがって、根本的な「パニック障害」の治療方法は本編テキストで、
即効性のある方法は「追加テキスト1」で学ぶことになりますので、
この「パニック障害改善プログラム」は、この2つを合わせて完全なテキストになるといえます。

 

これ以外にも「6つの追加テキスト」が用意されていますが、
それらについても後ほどご紹介したいと思います。

 

 

では、まず本編テキストの内容から見ていきましょう。

 

【第1章 パニック症候群とは】

 

どんな病気?................................................................................................................................12
どのような症状?........................................................................................................................13
パニック障害の原因....................................................................................................................14
年代別の傾向は?........................................................................................................................16
おちいりやすい環境や性格は?................................................................................................17
パニック症候群危険度リスト....................................................................................................18

 

 

ここはタイトルの通り「パニック障害」に関する基礎知識の部分となります。

 

パニック症状

 

今、このページをご覧になっているあなたなら
すでに医師からパニック障害について様々な説明を受けていたり、
ネット上や書籍などからおおよその知識を得ていらっしゃるかもしれません。

 

そうした方にとっては「復習」「おさらい」という意味合いが強くなるかもしれませんが、
この先「パニック障害改善プログラム」を進めていくにあたって大切な土台となるパートです。

 

性格的なものとしては、やはり
「感受性が強い」
「神経質なところが強い」
「デリケート」
「まじめな人」
また加えて「完璧主義」な人にパニック障害の症状が出やすいんですね。

 

 

【第2章 パニック症候群の治療について】

 

クリニックでの方法と種類........................................................................................................21
投薬について................................................................................................................................24
投薬の副作用................................................................................................................................26
投薬のメリット、デメリット....................................................................................................30
カウンセリングで治る?............................................................................................................31
カウンセラーにだけ頼る危険・・・医療とカウンセリングの違い....................................32

 

 

クスリ

ここでは、医師が行う通常の治療方法や投薬などについて、
さらに、メンタル系のカウンセラーの存在意義などについて
解説されています。

 

クスリだけでパニック障害は治せるのか…?
この問いについては明確に「ノー」が示されていますし、
カウンセリングだけでパニック障害は治せるのか…?
という問いに対しても「ノー」が示されています。

 

ただ、クスリは症状を改善するスピードをアップする助けになってくれることもありますし、
「話を聞いてくれる」という補助手段としてカウンセラーをとらえることはできるんですね。

 

特に重いパニック障害の場合は、カウンセラーでさえ「医師の治療を受けてください」というほうが多いようです。

 

それでも心理カウンセラーが人気なのは、
「医者は待ち時間が長くて話を聞かず、くすりを出すだけ」というイメージから来ているのかもしれませんが、
カウンセリングにも重点を置いてくれる医師もたくさんいますし、
カウンセリングだけに没頭してしまうのは、症状を悪化させることにもなりかねず、非常に危険だといいます。

 

あくまで、医師の治療と併用して行うのが正しい方法なんですね。

 

そして、そうした専門医の治療を可能な限り自力で、自宅で再現しようとしたプログラムが
医師である本田昌毅氏が監修した「パニック障害改善プログラム」なんですね。

 

 

【第3章 自分でできるパニック症候群克服法】

 

心構えとは....................................................................................................................................35
日常生活にできること................................................................................................................37
こんな考え方で見ていこう........................................................................................................42
突発的に発作が起きたときの緊急対処法................................................................................43
対人面でのポイント....................................................................................................................45

 

パニック障害,精神科医,本田昌毅,改善,内容,方法,効果

あなたも医師やカウンセラーから、こんなことを言われたことがあるかもしれません。

 

「不安や発作が起きても死ぬことはない!と思うようにしましょう」
「こんなものだ、と良い意味であきらめることが回復への近道になります」
「治そう、治そうと思うと逆効果です」
「発作が起きたらどうしよう、ではなく、起きたらその時はその時!と思いましょう」

 

・・・でも、パニック症候群に苦しむ方たちにとっては
「そんなこと言われてもそれができたら苦労しないよ・・・」
「どうやってその気持ちを持てばいいの」と思ってしまうことばかりですよね。

 

でも、そのためにできる訓練は日常生活の中にたくさんあったんです。
そんな訓練の方法や症状を和らげる方法が、具体的に解説されています。

 

 

 

【第4章 さらなるトレーニングと再発防止】

 

パニックを改善する自己トレー二ング....................................................................................47
トレー二ングにあたっての注意点............................................................................................51
再発防止のためのポイント........................................................................................................52
快方に向かっている判断基準は................................................................................................53
快方に向かっているときの過ごし方........................................................................................54

 

パニック症状の改善

 

第3章で、パニック障害を改善していく基本的なトレーニングについて解説されていますが、
この第4章は、さらに自分のメンタルを安定させていくための方法を示してくれます。

 

つまり、まず発作があったり、気分が落ち込んだりしても
そこから逃げないような姿勢をもっと高めていくためのものなんです。

 

自然体で受け止めることで、
恐怖感や不安を「たいしたことはない」と感じられるように変える具体的なトレーニングです。

 

トレーニングというと「根性で、石にかじりついてでも…」というイメージがあるかもしれませんが
けっしてそんなに堅苦しいものではありませんし、
特に、これをしなさい、こうしなさいということでもありません。

 

本田医師自身も語っていますが
基本的には「がんばりすぎないこと」を念頭において
「言われたことをそのまま、やればよい」というような感覚で行えばOKなんですね。

 

これを続けていくことで、次第にパニック障害が改善され、
しかも再発することのない心身を作り上げていくことが可能になります。

 

 

【第5章 周りの人とのつながり】

 

周りの人には打ち明ける?........................................................................................................56
周りの人がすべきこと................................................................................................................57
周りの人がしてはいけないこと................................................................................................59
自分をコントロールする大切さ................................................................................................62
根本克服のために........................................................................................................................64
克服に自信を持つ........................................................................................................................72

 

パニック障害を克服していく過程で、周囲の人たちとのかかわり、
関係性というものも大切になってきますよね。

 

周囲の人々

 

例えば、自分がパニック障害であることを周囲の人に打ち明けるべきかどうか。
そして、周囲の人たちとどう接するべきなのか。

 

この章はご自分だけでなく、家族など身近にいる方たちに読んでいただくことも有効かもしれません。

 

それが周りの方にとっても大きな安心材料になりますし、
周囲が正しい接し方をしてくれることで
あなた自身の症状を改善するスピードも加速させてくれるはずです。

 

 

 

以上、すこし駆け足気味になりましたが
「パニック障害改善プログラム」の本編テキストの内容を見てきました。

 

根本的にあなたのパニック障害を改善・克服していく手順、
そして一部「突発的に発作が起きたときの緊急対処法」についても触れられた
総合的なマニュアルとして完成しています。

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒
最短9分でパニック障害を改善!?精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 

精神科医・本田昌毅が監修した「パニック障害改善プログラム」ホンネの評価と口コミ

 

「精神科医が監修したパニック障害改善プログラム」の内容や効果などについて
出来る限り公正に、ホンネで口コミ・評価していきたいと思います。

 

 

 

 

このマニュアルの何が優れているのか?

 

■「根本的な治療法」と「即効の治療方法」、両方が書かれている。

 

パニック障害という精神的な疾患に対して、
根本的な原因を突き止め、二度と症状が再発しないようにする「根本治療」の方法から、
指先でトントンとタッビングしてパニック症状を取り除く「EFT」という即効の治療法まで、
幅広くアプローチできる方法が解説されています。

 

ばっちり

そのアプローチ法は10種類以上に上りますが、
もちろんすべてを行う必要はありません。

 

自分で試してみて、
効果が実感できた方法だけを選んで行っていけばいいので、
まず初めは、それらの治療法を一つずつ試してみて、
効果を実感できるかどうかチェックしていくのがよさそうですね。

 

また「パニック障害」だけでなく
併発しやすい「うつ病」や「恐怖症」の治療法まで用意されているのは、
とても心強いプログラムと感じる方が多いのではないでしょうか。

 

 

■精神論ではない「具体的なステップ」が書かれている。

 

パニック障害の改善について書かれた本は、決して少ないわけではありません。

 

でも、「パニック障害」という目に見えにくい症状に対して
そうした本の多くは「精神論」だったり「根性論」に近いことが述べられていますし、
具体的に「何をするべきか」をハッキリと示してくれるものは、きわめて少ないと感じます。

 

どちらかというと「心構え」「心得」といったものに近いんですよね。

 

その意味で本田昌毅医師の「パニック障害改善プログラム」は、
自分で出来る治療法を、着実なステップとして
ひとつひとつ具体的に示してくれている点が大きなメリットだと感じます。

 

10種類を超える治療法を実際に自分で試してみて、
効果のある方法を見つけ出して、それだけを続けていけばいい…
とても効率的で、納得のできるプログラムだといえます。

 

 

■自宅で、自分だけでセルフケアできる。

 

OK

パニック障害という、他人にはなかなか理解してもらえない症状だけに
周囲の人に助けを求めること自体、ためらうことが多いのではないかと思います。

 

家族や親しい友人でさえもフランクに話せる内容ではないかもしれませんし、
精神科医にかかるということも、決してハードルの低いことではありませんから
大きなストレスのもとになるかもしれません。

 

精神面のストレスから解放されるために
新たなストレスを背負い込むなんて、考えたくもないことだと思います。

 

「精神科医が監修したパニック障害改善プログラム」は、
すべて自分の力で、自宅でも、どこでも改善に取り組める内容です。

 

誰にも知られることなく自分の症状の克服に取り組んでいけるのは、
精神的にも、時間的にも、そして経済的にも負担の少ないものになりますよね。

 

 

■周囲の人はどうすればいいのか?周囲の人にどうしてもらえばいいのか?

 

このプログラムは、「パニック障害」に苦しむご本人だけでなく、
ご家族などの周囲の方たちが読むことにもメリットがあるようにプログラムされています。

 

周囲の人たちがパニック障害を持つ方にどう接していけばいいのか、
そして、具体的に治療の手助けをしてあげることだって可能なのですから、
「ただ悩んでいるだけの日々」から一歩踏み出すことが出来ますよね。

 

 

■「パニック障害」を改善した、その後のこと・・・

 

改善した後

これは、このプログラムの大きなポイントのひとつだと思います。

 

このプログラムを手にするのは「パニックを克服したい」と願う方・・・

 

もちろん、そうなのですが、
では「パニック障害を克服してどうなりたいのか?」という点まで
考えが及んでいるのは、本田医師の教材だけだと思います。

 

パニック障害を改善して、こんな自分になりたい。
この症状さえなければ、こんなことに挑戦してみたい。
日々の不安がなくなれば、仕事や恋愛だってもっと積極的にできるはず…

 

希望や期待はそれぞれだと思いますが、
それを現実にするための方法まで思いを寄せているのが
精神科の専門医であるからこその行き届いた配慮だと感じました。

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒
最短9分でパニック障害を改善!?精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 

 

 

このプログラムにデメリットはないの?

 

不安

正直に申し上げて、このプログラムの内容や方法については
大きな「デメリット」といえる点は見つけられないかもしれません。

 

でも気になるとすれば、やはり決して安いとは言えない価格でしようか。

 

価格については、単純に「いくらか」という問題だけでなく、
「本当に効果があるのか?」ということと
セットで考えなくてはなりませんよね。

 

安くても効果がなければ意味はありませんし、
少々値は張っても、効果をしっかり実感できれば満足度は高いものになるはずです。

 

ただ、いくらこれまでに多くの方が効果を実感しているプログラムとはいえ
人間の心身にかかわる問題ですから「絶対に効果がある」とは断言できないもの。

 

もし購入しても、自分には効果が無かったら…という不安を完全に取り除くことはできませんものね。

 

でも、このプログラムを試してみて万一効果が実感できなかった場合には、
購入から180日以内であれば購入代金は全額返金されます。

 

しかも、180日のうち、たった1週間試しただけで「効果がなければ全額返金」です。

 

もちろん、購入してすぐに一週間試してみて効果が感じられなければ、
ごく簡単なアンケートに答えるだけで(複雑な説明やリポートは必要ありません)、
文句なく「全額返金」されます。

 

その意味で、金銭的なリスクはほぼ完全に取り除かれています。

 

ですから、

■ この【パニック障害改善プログラム】を試して、あるべき自分の未来を取り戻すか
■ 1週間試して、残念ながら効果を実感できずに教材代金を返金してもらうか

のどちらかを180日以内に選ぶことになります。

 

 

 

何もしなければ、明日もいつもと変わらない一日。

 

はばたき

 

今の世の中、パニック障害を克服するためにネットや本で調べていけば
それなりの情報を集めることはできるに違いありません。

 

ただ、そうして集めたものの中で何を信じていいのか、
何が自分にとって本当に効果があるものなのか、
自分だけで判断することは本当に難しいことだと思います。

 

何時間も、何十時間も労力をかけて情報を集めたのに、

 

どれが自分にとって試すべきものなのか?
どれくらい続けていけばいいのか?
いつになったら症状は改善されるのか?

 

それを知らないまま、やみくもに取り組んでいけるほど人間は強くないような気がもます。

 

「精神科医が監修したパニック障害改善プログラム」は、
これまで本田医師が実際に治療の現場で多くの患者に接して、
その中で効果が高かった方法だけを選りすぐってプログラム化したものです。

 

・試すべきアプローチは10種類以上。
・試して、自分に合った方法だけを見つけ出す。
・1週間試して効果がなければ「全額返金」

 

と、短期間での改善を約束していますから、
1週間だけなら、なんとか頑張って続けていける気もします。

 

何をするべきか迷いながら時間が過ぎていくだけなら、
一つだけでも信じられるものを手に入れて、
一歩踏み出しいけることこそが最大のメリットといえるかもしれません。

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒
最短9分でパニック障害を改善!?精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

当サイト限定特典付きのお申し込み

 

このページ経由でお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特別プレゼントを確認する

 

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

最短9分でパニックを消し去る

 

【コラム】パニック障害がクスリやカウンセリングだけで治らない理由

 

 

パニック障害は心の病です。
急に襲ってくる不安感や恐怖感、過呼吸症候群…これらの症状が突然現れてくることを指します。
心身の状態が崩れることにより、脳に負担がかかることによってパニック障害は起こります。

 

頭を抱える女性

 

パニック障害を引き起こす要因としては様々なものがありますが、
主に上げられる要因としては下記のような要因が上げられます。

 

・ストレスを強く感じている。

 

・仕事や家庭の両立が辛く、精神的にも肉体的にも疲労している。

 

・様々な面で不安感を強く感じやすい。

 

上記の状態が続くことで人はパニック障害を起こし、それから発作や恐怖感や不安感を強く前面に出るようになります。

 

一番考えられる要因としてはストレスでしょうね。

 

疲労を感じた場合、不安感を持った場合…どの場合でもストレスを感じます。
極端なストレスを感じた時にパニック障害を発症しやすくなることは明らかです。

 

ですが毎日を過ごしていく上でストレスを感じずに生活を送るというのは難しいことだと思います。
パニック障害が発症した場合はどうしたらよいのでしょうか。

 

個人差はありますがパニック障害は治る病気です。

 

一般的にはパニック障害はクスリの服用とカウンセリングを受けることで治ると言われています。
精神科や心療内科を受診し、専門の医師の診察やカウンセリングを受けたり、
個々の状態に合ったクスリを処方してもらうことで状態を改善し、完治に導くことができるのです。

 

ところがクスリやカウンセリングはパニック障害を治す上での方法の1つですが、
それだけではパニック障害を治すことは難しいのです。

 

ではクスリやカウンセリング以外にパニック障害を治すためにできること…その方法はどのようなものがあるのでしょう。

 

ハッピー

 

パニック障害を発症した場合はとにかく無理をせず焦らないことが一番です。
焦らずのんびり自分のペースでつき合っていくことが大事なのです。
無理をすればパニック障害は悪化する場合もあります。

 

早く治したいと焦る気持ちも理解できますが、
焦らず気長にパニック障害とつき合っていくことで少しずつ症状は改善されていくのです。

 

もう1つ大切なのは「パニック障害は治る」と信じることです。
このまま治るのかと不安になる気持ちもあると思います。

 

ですが自分を信じ、パニック障害は治るという意識を持つことで前向きな気持ちになれます。

 

一方で「焦らない」「治ると信じる」と言われても、何も頼りにするものがないのでは、
何を信じて、何を目標に定めて過ごしていけばいいのか、具体的に見えてきませんよね。

 

そんな時に、ひとつの指針、そして具体的な方向性を示してくれるものの一つが「パニック障害改善プログラム」だといえます。

 

具体的なステップが示されているので、何をしていいかわからないという不安や焦りも取り除かれますし、
実際に、パニックを9分で鎮めることが出来る即効性のある方法を試していくことで
「治せる」という実感や自信をモテるようにプログラムされています。

 

もちろん、このプログラムは医師が監修しているものなので、
クスリやカウンセリングを否定するものではありませんが、
パニック障害を治すためにできること「もう一つの方法」として取り組んでいき、
改善、完治への道を切り開いてくことが出来そうです。

 

 

 

 
ご購入者様の感想レポートやご購入前のご質問等はこちらからお送りください。

 感想リポート・ご質問投稿フォーム

●通常3営業日以内にご連絡いたしますが、内容によってはお時間をいただく場合がございます。
●ノウハウの中の秘匿性の高い内容などについては、販売者の意向により一部お応えいたしかねます。
●ご購入後の不具合、返品、返金などの連絡は当方では対応出来ません。販売者へ直接お願いいたします。
●ご記入いただいた個人情報は、米国シマンテック社のSSL技術で暗号化され、完全に安全に処理されます。

 

サイト登録宣伝無料AUL

 

無料相互リンク