パニック症候群の原因は?

パニック症候群の原因は?

 

原因は、一言でいうとおもに自己の神経の過敏な思考からと言われています。
デリケートすぎる心、といいましょうか。

 

もう少し説明しますと、なにかをきっかけに精神が過敏になってしまい、
そのことが深く心に残ってしまうのです。
繊細な心の持ち主ということも言えます。

 

自分の容姿・表情や、声の調子、身体の運動に対する不信や不安が高まったり、
からだの不快感にも、とても敏感になり、一日中身体の調子に神経を使うようになってしまい、
心身ともに安らぐこともできなくなるのです。

 

.『自分への神経不安の過大、デリケートなメンタル』
『他者の視線への敏感さ』
『過度の緊張感と不安感』

 

が、原因から引き出される枝分け部分です。

 

10-20代の思春期世代に多いこともあり
「他人から自分はどのように見られているか?」
「他人から自分はどれくらいの評価をされているのか?」
という自己意識の過敏性がさまざまな不安、恐怖の原因として作用していると考えられます。

 

関連ページ

パニック障害とはどんな病気?
本田昌毅医師監修の「パニック障害改善プログラム」を実際に購入し、内容・方法(やり方)・効果を徹底公開していきます。「パニック症候群」とはどんな病気でしょうか?文字通り「パニック症状」に陥る神経、 脳の病気ですが別名「不安神経症」といわれます。
パニック障害の症状とは?
精神科医・本田昌毅医師監修の「パニック障害改善プログラム」を実際に購入し、内容・方法(やり方)・効果を徹底公開。突然起こる動悸、息切れ、めまい、吐き気などの身体症状、また強い不安感などを主な症状とし、それら症状から心理的パニックに陥り、ときには死の恐怖を覚えたりするものです。